aquangoissant

雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

魔よりも黒くワガママに魔法少女は夢をみる2 (ファミ通文庫)

遅くなりましたが、去年発売された「魔よりも黒くワガママに魔法少女は夢をみる2」をようやく読了しました!
なんでこのとき読まなかったのでしょう~。もう3巻でてないかちょっとあせっちゃうぐらいですよね…。

私はやっぱりパロには弱いので(多分これ、日曜日の朝の作品みてる方なら結構わかるんですよね??)アッサリ気味な感想になっちゃうかもしれませんが、読了記念ということでかいておきま~す!

2012031201.jpg

魔よりも黒くワガママに魔法少女は夢をみる2 (ファミ通文庫)…の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

本の感想etc | コメント:0 | トラックバック:0 |

BabyPrincess 6巻読んだ~!!(あとらくがき)

※感想(ネタバレとは言わないものの!)が嫌な方は戻ってくださいね!!



ようやくですが…!
やっとべびプリの6巻読了しました!!
なんでこう遅かったかというと、現在、京極夏彦を読んでいたので、「姑獲鳥の夏」が読了できず
べびプリ6巻になかなか手をつけられなかった、というのが背景にありますw
どうでもいい背景ですね!
結局京極さんのほうはまだちょっと残っておるんですけれど~。
私は移動のときでしか本を読まないので、あんまり読書に時間が割けないのです。
でもべびプリはやっぱりサクサク読めちゃうので京極さんはちょっとおやすみして
そちらを先に読みました!

ますます霙おねえちゃん、大好き!!になっちゃいました。
やっぱり霙おねえちゃんは最高です。
もうヒカルとの電話のシーンとか、陽ちゃんとの甘味処の話でときめいちゃいましたよ~

でも今回は、陽太郎のおばあちゃんの、美空さんの「名誉回復キャンペーン」のシーンでした!!
もう涙でちゃいましたよ…。おばあちゃん素敵な人すぎちゃって本当にほろっといっちゃいました。
とんでもなさすぎじゃないですかー!!

何度かかいたことがあるのでご存知のかたもいらっしゃるかと思いますが
私はあたたかいもの、あついものはわりと平気なんですが
冷たいものがむちゃくちゃ苦手なので、つまりはアイスなんかは食べるのがむちゃくちゃ遅かったりします。
それにつけくわえて甘いものは本当に苦手です!チョコレートはすきですがあんこは沢山は食べられません。
なので必然とかき氷というものから、和菓子関係を食べなかったりするので、
こういうお話のときはもうなんでも新鮮に感じてしまうのです。

霙おねえちゃんが大好きなので、あんこも比較的食べるようにはなったのですけどね~!
でもやっぱり、自ら和菓子屋さんや、甘味処へは行かないので
今回のかき氷の話とかも、シロップって色ついてるものだけじゃないんだーっておもったのです
こんなことで感動しちゃうなんてバカっぽいかな?とは思うのですが
なんか一つ一つのこういった丁寧な描写に私は心を打たれてしまうのですよね…

もうあんまりにも霙おねえちゃんのことを考えたら
それこそ私の脳内で天使家の内部再生が行われてしまい
電話をしている霙おねえちゃん、ヒカルのことを考えてあげるおねえちゃん
ソファとか、電話が鳴ったときに光るライトとか、そのときみんなが食べていたカレーとか
そういうのが一気にでてきちゃって、あ~もうこの家の人間になりたーい!!って思っちゃうぐらいなのでした。

きっとお庭の芝生は緑色で、使ってるテーブルはきっとこんなんで
まわりは閑静な住宅街が広がってるのかもしれないとか、そういうどうしようもないことまで
結構想像してしまいます。ようはあの空気が私にとって夢を持たせるのです!

あぁ、まだ一回しか読んでませんが
つまりは霙おねえちゃんのことでいっぱいで、麗が夕凪が「運転手」っていったのを
次の台詞で「運転士」っていってるとことか、ニヤっとしたこともいっぱいあったのに
なんか本当にすっとばしちゃって、二周目もいったほうがいいよな、なんておもっちゃってますw
春風さんの水色にピンクのさくらの浴衣も
余裕の笑顔ですべてをみているような海晴ねえさまも、
さくらのぽっくりのはなおがとれたとこも
全員一人一人愛らしいのに脳内が霙おねえちゃんでいっぱいというのはなんということか!!

これも霙おねえちゃんが魅力的だっていうことですよね…!


あぁ。なんだか久々にいつも通りの長い文章を書いちゃったような気がします♪
読んでくださった方、すみません!


それでは、そろそろこのへんで~!


201101191.jpg

201101193.jpg

テーマ:らくがき - ジャンル:アニメ・コミック

本の感想etc | コメント:0 | トラックバック:0 |

Baby Princess 3


フラゲです
Baby Princess 3をゲットしてきました~!
表紙は立夏でものすごいかわいいです。

一応もうすでに読了はしてしまったんですが
ネタバレもアレなので、ちょろっとあたりさわりなく感想いいますね


立夏が、イイ!

これに尽きます


日記では見られない意外な一面がでてきちゃったりしてて
もう読んでるだけできゅんきゅんしちゃいました!
今後の展開も楽しみです


あ、あと公野先生があとがきを珍しくかかれてました
先生は巫女と呼ばれてたそうですよ

巫女って呼びたいなぁ

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

本の感想etc | コメント:0 | トラックバック:0 |

狙われたキツネ 新装版 ヘルタ・ミュラー

先日ノーベル文学賞を受賞した、ドイツのヘルタ・ミュラー氏の作品です。ルーマニアのチャウシェスク政権下における監視体制の中で過ごされた方なので、この作品もその中での生活が描かれていたりします。部屋の中が勝手にのぞかれているあとが見えたりとか、実際こういうことがおきていたんだなーって思うのがビックリした。

主人公アディーナの友達のクララは中絶をするのに病院にいってたんだけけれど、お金がない人たち、つまりは民間のあいだではたんすをもったりミュラー氏もあみものの針を子宮にいれて中絶したりしたんだって。すさまじい話です。これで死んじゃう人もいただろうに。

展開としては淡々と語られていて、細い糸口から物語がうまれてくるような。そんなかんじでした。途中で「えええそういうことなの?」って思ったりしたし。
あと比喩表現が独特で、しかもグロテスクなのがいいなーって思いました。あ。グロ苦手な人はすみません。でもそこまでグロいわけではなく、生理のことをスイカと例えたりしてるとか、そういうことだったり。表現としてはものすごい斬新ですきだったなー

とにかくみんなこれを読んでルーマニアのことちょっとでもしって、他の訳もでるように貢献してくれると嬉しいです!

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

本の感想etc | コメント:0 | トラックバック:0 |

ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話

すぐに読めるし簡単ですが内容はとても重たいです。
結構うさんくせぇと思ってたピンクリボンとかすげえカラクリわかったし。電車での広告がでている弁護士とか。

発禁になるかも的な話があるみたいだけど、読んだほうがいいとは思う。無駄ではないと思います。円天に関してはよくあんなのにひっかかるなあとは思ったけど実際あんだけいたんだから世の中結構騙されてる人が多いってことだよね

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

本の感想etc | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。